不妊治療をした場合の助成金とは

現代では、不妊に悩んでいるご夫婦がとても多いです。

 

今までは、不妊は女性の問題だと考えられていたことが多いのですが、最近では男性不妊も増えています。

 

ですので、不妊治療はご夫婦揃って検査をされるのが妊娠への近道です。

 

最初はタイミング法から始め、人工授精、体外受精へとステップアップしていきます。

 

 

タイミング法はエコー検査の費用だけですので、それほど負担になりませんし、人工受精も病院によりますが、1万から2万円でできることが多いので、負担も少なめです。

 

しかしながら、体外受精を始めた場合は、費用が格段に増え、1回の体外受精で40万から50万円前後かかってくることが多いので、家計の負担はとても大きく、大変な不妊治療に加え、費用の心配もありますので、ストレスが非常にかかってしまいます。

 

そこで、多くの市区町村では、不妊治療の費用に関して、助成金を出すという制度を行っています。

 

この制度を知らない場合、ご自身で申請しなければ、助成金は受け取れませんので、とても損してしまいますので、この制度を知っておき、必ずご自身がお住まいの市区町村に助成金の制度がありましたら、申請しましょう。

 

助成される金額は、お住まいの市区町村によって違ってきますが、1年に5万から10万円前後が多いです。

 

注意点は所得制限がある場合がある事と、助成できる期間が2年までなどの決まりがある場合もある事です。

 

体外受精にかかる費用と比べると、少なく感じてしまうかもしれませんが、少しでも家計の負担を減らすためにも必ず申請するようにしましょう。